吉田松陰の“東北遊日記”、松陰ゆかりの地として五所川原市田川に渡船記念碑があります。
“吉田松陰先生渡船記念碑”と標されています。
松蔭田川碑24_600
以前から田川に記念碑があるとは聞いていましたが、岩木川土手の下田川バス停辺りに見つけました。
画像に入りませんでしたが道路が土手の上でその向こうに岩木川が流れ、更に岩木山が見渡せます。
松蔭田川碑22_600

裏に
“吉田松陰先生ハ夙ニ我ガ国防情勢ノ巡察オ企テ遠ク津軽ノ地ニ入リ西北海岸ニ至ラントセシ際当時著名ノ要路所謂赤堀道ノ渡船場ナリシ此処ヲ通過シタルハ実ニ今ヨリ八十九年前ノ嘉永五年三月三日令二十三ノ時ナリコト先生手録ノ東北遊日記ニ明カナリ若シソレ先生ノ事歴ニ至リテハ既ニ世顕著ナル所以テ教化ノ玉杭トナスベシ 
皇紀二千六百年昭和十五年十二月中川村大字田川”
と彫字それています。
松蔭田川碑25_600_600
勝手に直すと“吉田松陰は早くに国防情勢の巡察で遠く津軽に入リ西北海岸に至る際、要路であったここを通過した。今より89年前の嘉永5年3月3日23歳のこと、松蔭手記東北遊日記に明かされる事歴は既に教えとなっている。 昭和15年12月中川村大字田川”な感じですか?いや、間違いかも知れませんがそうかなと思いました。

金木へ向かっていた松蔭が地元の人が道を間違えて岩木川を渡したといわれ、この場所から舟で岩木川を渡って、北へ歩き、再び神原で岩木川を渡って蒔田で昼食をとったようです。
以前書着込んだのですが蒔田の朝食をとった場所は今でも残されています。ただ、標柱の字は消えてしまっていますが私が小さい頃は“吉田松陰昼食の場所”と記されていましたよ。

以前の書込みはこちらです

昨年行なわれた津軽半島200kmウオーク、最終日我が歩こう会も参加しましたが、今年はコースが変わりより松蔭が巡った道が含まれ、この田川の記念碑にも立ち寄るようです。
半島150kmウオーク02_600
パンフに昨年の歩行の様子が入っていますが先頭を歩いているのは我が会長ではないですか。
半島150kmウオーク00_600

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bobbyjp.blog120.fc2.com/tb.php/884-46957266